【日向坂46】おひさまcafe大阪に行ってきた!おひさまcafeについて徹底解説します!

日向坂46

大阪へ出向き、おひさまcafe大阪に行ってきました。

おひさまcafeとは

おひさまcafeは今年の7月から開催されている日向坂46のコンセプトカフェ(コラボカフェ)のことです。昨年も日向坂46のコラボカフェは開催され、今回はその第2弾となります。ただし、運営は別なので、去年のコラボカフェとは全く違う雰囲気となっています。

おひさまcafeは以下の全国11都市で開催されています。

おひさまcafe開催都市
  • 表参道
  • 高尾
  • 大阪
  • 名古屋
  • 福岡
  • 青森
  • 滋賀
  • 神戸
  • 岡山
  • 広島
  • 札幌

今回は、このうち大阪のおひさまcafeレポートをお届けします。

訪問日

ちなみに、訪問日は下記の通りです。

おひさまcafe大阪:2022年8月19日

なお、このブログで掲載している情報はあくまでも上記地点でのことなので、現在の情報とは異なっている可能性があります。

おひさまcafe大阪

アクセス

おひさまcafe大阪は難波にあるので、とりあえず、JRでJR難波駅へ。

ここから歩くこと約15分、大阪の道頓堀につきました。夏休みシーズンということもあり人が多かったです。

おひさまcafeは道頓堀の松竹座の地下1階にあります。

松竹座とは次のような建物で、歌舞伎などに使用されていますね。

この建物の右端の入り口から入っていきます。

「コラボヒットカフェ」というのが、おひさまcafeになります。

ってか、大阪にも矢場とんあるんだ…名古屋近郊にしかないと思ってた(笑)

外観

松竹座の入り口から入り、エレベーターを降りると、おひさまcafeが姿を表します。

予約時の名前を店員さんに言い、店の中へ。このとき、予約特典のクリアしおりを貰いました(色はランダム)。

ただ、これで660円は少し高いなという印象(予約時に660円払う)。まあ、当然、コンカフェにコスパなど求めてはいけませんが。

客層

お客さんは、千葉からきたという男性1人と、友達同士で来ている男性2人、親子と思われる女性2人、NMBのライブついでに来ている男性1人と、1人で来ている男性1人、そして僕の全8人でした。去年の日向坂コラボcafeは1回につき、30人くらいいたこともあり、8人しか来ていないことに驚きました。経営大丈夫なんですかね。大阪でこのお客さんの人数なら、青森とか岡山とかお客さんほとんど入っていないのではないだろうか、と無駄な心配をしてしまいました。

料理

次にメニューについてですが、「約束の卵オムライス」と「日向夏ゼリーの空色サイダーしか勝たん」を注文しました。

オムライスは食べかけですみません。食べ始めてから、写真を撮っていないことに気づきました。

味は、まあおいしかったです。全部のメニューを食べたわけではないので、わかりませんが、去年のように美味しくないメニューはおそらくないと思います(笑)。

料理を注文すると、コースターを貰えました(メンバーランダム)。

雰囲気

ここからは、おひさまcafeの全体的な雰囲気をお伝えします。写真は全て大阪のものですが、雰囲気はおそらくどの店舗でも変わらないと思います。

モニター

まず、モニターです。

モニターには、去年の全国おひさま化計画の映像、MV、メンバーのコメントが順番に映し出されていました。

また、おひさまcafeには様々なものが飾られていました。

サイン入りTシャツ

サイン入りTシャツが飾られていました。これもどこの店舗にも飾られていると思います。大阪では額縁に入れて展示されていました。

衣装

衣装も飾られていました。2020トナカイ柄白サンタ衣装と2020ダッフル衣装の2つです。この衣装展示も大阪だけでなく、どの店舗でも実施されていると思います。

その他

壁にはひな誕祭のライブの様子が貼られていました。

おひさまcafeのロゴもありました。

あとは、勘九郎さんのサインが置いてありました。松竹座のほど近くにあるということもあり、勘九郎さんも来店なさったんだと思います。流石にこれは大阪以外には置いてないかと思われます。

とまあ、こんな感じでした。

ちなみに、おひさまcafe大阪にいくために、わざわざ大阪まで行きました(笑)。なので、大阪の滞在時間は、おひさまcafeにいた約2時間だけでしたね。

実際に行かれる方へ

実際におひさまcafeに行こうと検討している人もいるかと思います。おひさまcafeのホームページを見ると予約が必要かのように記載されていますが、予約特典のクリアしおりをもらうために660円払って、予約をするのは少しもったいない気がします。表参道店のように人が多く来店する店舗は予約をしないと座席を確保できないので、予約が必要かと思いますが、地方の店舗(青森、滋賀など)は予約の必要はないと思います。もったいないです。いきなり店舗に向かっても座席が空いていれば、入店することが可能ですので、必ずしも予約の必要性はありません。

おわりに

おひさまcafeに行ってきました。全体的に楽しいところだったと思います。ただ、経営が心配ではあります(笑)。

各種情報

おひさまcafe HP

おひさまcafeのホームページになります。

日向坂46 おひさまcafe
日向坂46 おひさまcafe ホームページです。

おひさまcafe大阪店

おひさまcafe大阪店の地図になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました