日向坂46のライブDVD/Blu-rayの一覧まとめ!

ライブ

日向坂46のライブDVD/Blu-rayの一覧になります。

日向坂46のライブDVD/Blu-rayの一覧まとめ

以下が日向坂46のライブDVD/Blu-rayの一覧(時系列順)になります(日向坂46改名後)1。円盤化2されているものを太字にしています。また、タイトルをクリックすると、記事内の詳細な説明に飛びます。

なお、けやき坂46時代のライブDVD/Blu-rayはこちら

ライブDVD/Blu-rayの一覧(時系列順)

以上が、日向坂46のライブDVD/Blu-rayになります。なお、円盤化されていないものでも、ゲームアプリ「UNI’S ON AIR(ユニゾンエアー)」で見ることのできる公演もあります。

以下、円盤化されているものについて詳細に解説していきます。

デビューカウントダウンライブ!!

2019年3月に横浜アリーナで行われた『日向坂46 デビューカウントダウンライブ!!』は1stアルバムに収録されています。前半はひらがなけやきのラストライブで、後半が日向坂のファーストライブに別れた演出となっています。2日目が円盤化されています。

TYPE-Aでは前半部分のひらがなけやきのラストとしてのライブが収録されており、TYPE-Bでは後半部分の日向坂46のデビューとしてのライブが収録されています。なお、通常盤ではBlu-rayが付いておらず、CDのみとなっているので、注意が必要です。

3周年記念MEMORIAL LIVE ~3回目のひな誕祭~

2022年3月に行われた3回目のひな誕祭はそれ単体で円盤化がされています。日向坂46の夢の地である東京ドームで行われ、2日間で大きな感動を呼びました。1日目と2日目でセットリストが大きく異なっているため、2日間とも円盤化されいます。なお、このライブがライブ単体としては初の円盤化となりました。

ライブの円盤にはDVDとBlu-rayがありますが、個人的にはBlu-rayがおすすめです。DVDに比べBlu-rayの方が画質・音質が良く、一般によく売れているのもBlu-rayの方です。

渡邉美穂 卒業セレモニー

2022年6月に東京国際フォーラムで行われた渡邉美穂の卒業セレモニーは8th「月と星が踊るMidnight」の特典映像(TYPE-AおよびTYPE-B)で円盤化されています。渡邉美穂の卒業セレモニーは日向坂46として初の卒業セレモニーで、メンバー・渡邉美穂共に大号泣の卒業セレモニーとなりました。

W-KEYAKI FES. 2022

2022年7月に富士急ハイランド・コニファーフォレストで行われたW-KEYAKI FES. 2022は10th「Am I ready?」の特典映像(TYPE-AおよびTYPE-B)で円盤化されています。毎夏に開催されていた野外ライブでしたが、さまざまなトラブルに見舞われ、2022年をもって終了しました。

一方、W-KEYAKI FES. 2021においては、日向坂46のパートは円盤化されておらず、櫻坂46のパートだけ円盤化されています。

Happy Smile Tour 2022

2022年9月〜11月に行われた日向坂46の全国ツアー、通称”Happy Smile Tour 2022″は9th「One choice」の特典映像(TYPE-AおよびTYPE-B)として円盤化されています。なお、円盤化されたのは、代々木競技場第一体育館で行われた東京公演で、4期生の初ライブ(ブルーベリー&ラズベリー)も収録されています。

4期生 おもてなし会

2023年2月に幕張メッセ イベントホールにて行われた4期生 おもてなし会は9th「One choice」の特典映像(TYPE-CおよびTYPE-D)として円盤化されています。4期生にとっては初となる単独イベントで、多くのファンを沸かせました。

TYPE-Cではおもてなし会のおもてなしパートが収録されており、TYPE-Dではおもてなし会のメイキング映像が収録されています。

4回目のひな誕祭

2023年4月に開催された4回目のひな誕祭はそれ単体で円盤化されました。ひな誕祭では初となる野外ライブで横浜スタジアムで開催されました。

Happy Train Tour2023

2023年秋〜冬にかけて開催された全国アリーナツアー、通称「Happy Train Tour 2023」は大阪公演のみ2ndアルバム「脈打つ感情」の特典映像(TYPE-AおよびTYPE-B)として円盤化されています。

ひらがなくりすます&ひなくり Complete Box

ひらがなけやき時代の2018年のクリスマスライブ「ひらがなくりすます」から2019年から2022年の「ひなくり」の5年分の円盤です。

この円盤はamazonや楽天の一般店での販売がなく、Sony Music Shopでの限定販売となりました。

≫Sony Music Shopはこちら

小話:なぜ2019年〜2021年のライブは円盤化されていないのか

この記事の初めの方に掲載した「ライブDVD/Blu-rayの一覧(時系列順)」の表を見てもらえれば分かると思うのですが、2019年〜2021年のライブはほとんど円盤化されていません。これはなぜなのでしょうか。一般に考えられている理由は以下の3つです。

理由① コロナでリリースタイミングを見失った

まず、理由の一つ目として、コロナで円盤のリリースのタイミングを失ったというものが考えられると思います。2020年からコロナの時期に入っていきますが、この時期は各種サービスが停滞した時期でもありました。実際に、コロナの影響で2020年は日向坂46はシングルを1枚もリリースできていません。ライブの円盤はライブの直後(ライブ後から約半年程度)でないと、ファンの購買意欲は下がっていきます。ゆえに、コロナ明けにライブ円盤を発売しても売れないと考えられるのです。

よって、2019年のライブで円盤化されていないものに関しては、この理由①が主な原因でしょう。

理由② 思うようなパフォーマンスができていなかった

理由の二つ目として、日向坂46が思うようなパフォーマンスができていなかった点にあると思います。2020年から2021年にかけて配信ライブをしていましたが、メンバーからは「リハーサルを続けているだけのように感じる」との声もあり、思うようなパフォーマンスをできていなかった可能性があります。アイドルのライブはファンと共に作り上げていく部分が強く、配信ライブはメンバーによる一方的なライブであったことからも、この可能性は高いです。

また、日向坂46のドキュメンタリー映画「希望と絶望」では、W-KEYAKI FES.2021と全国おひさま化計画の日向坂46のライブパフォーマンスに叱咤激励されるメンバーの様子が映っており、スタッフはそのときの日向坂46のライブパフォーマンスに満足していないようでした。

2020年と2021年のライブで円盤化されていないものに関しては、この理由②が主な原因でしょう。

理由③ 東京ドーム公演まで円盤を出したくなかった

理由の三つ目として、3回目のひな誕祭である東京ドーム公演まで円盤を出したくなかったという運営の思惑があった可能性があります。東京ドーム公演は日向坂46が目指していた約束の彼の地であり、記念公演であるため、この公演の円盤を日向坂46の初の円盤にしたかった運営の意図も少なからず影響はしているものと思われます。

たまに、円盤がでないのは、ライブ映像をユニエアが購入しており、特権化しているからだ!と主張している声を聞きますが、おそらくそれは違うでしょう。ライブの円盤はアイドル運営にとっての大きな財源の一つであり、ゲームアプリ会社がそこまでの金額を払っているとも思えませんし、何よりいちゲーム会社にそこまでの権限があるとは思えません。

ちなみに、ひなくりが円盤化されない理由は、私には分かりません。本当になぜでしょうか?

ひらがなけやきの円盤

ここからはひらがなけやきの円盤について紹介していきます。

ひらがなけやきで円盤化されたのは「ひらがなけやき日本武道館3DAYS!!」と「ひらがな全国ツアー」と前述の「ひらがなくりすます」です。

日本武道館3DAYS

2018年1月・2月に行われた「ひらがなけやき日本武道館3DAYS!!」はけやき坂46のデビューアルバム「走り出す瞬間」の特典映像(TYPE-A)に収録されています。

ひらがな全国ツアー2017

2017年5月〜12月に行われた「ひらがな全国ツアー」はけやき坂46のデビューアルバム「走り出す瞬間」の特典映像(TYPE-B)に収録されています。

おわりに

以上が、ライブで円盤化したものになります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  1. ミニライブを除く
  2. ライブ映像がDVDやBlu-rayという形で一般販売されることをオタク用語で円盤化という
  3. オンラインライブ
  4. オンラインライブ
  5. オンラインライブ
  6. オンラインライブ

コメント

タイトルとURLをコピーしました