【日向坂46】人気メンバー・エースメンバーを5人紹介!

グループ基本情報

この記事では、日向坂46の人気メンバー・エースメンバーについて紹介します。

人気メンバー・エースメンバー

人気メンバーやエースメンバーについて紹介します。現在、日向坂46には28人いますが、人気メンバーを各期ごとに、全5人紹介します。

日向坂46の人気メンバー・エースメンバー
  • 1期生:加藤史帆
  • 2期生:小坂菜緒、金村美玖
  • 3期生:上村ひなの
  • 4期生:正源司陽子

現在、日向坂46は1期生〜4期生までいますが、上記メンバーが各期で特に人気のあるメンバーです。結構私の主観に依るところが大きいですが、多くの日向坂46のファンは同意してくれると思います。特に1期生の加藤史帆は一般の人でも聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。

以下、ざっくりと上記メンバーについて私の主観目線で紹介します。

メンバーについて

メンバーについて紹介します。上記6人を私の考える人気順で紹介します(ただし、この順番に関しては日向坂46のファン間でも意見が分かれるかもしれません)。

小坂菜緒

小坂菜緒プロフィール
愛称:こさかな、なおちゃん
生年月日:2002年9月7日
期:2期生
出身地:大阪府
血液型:O型
センター経験数:5回
レギュラー番組:QUEST FOR THE FUTURE(ラジオ)他
備考:「Seventeen」専属モデル

小坂菜緒(こさか なお)は日向坂46で一番人気のあるメンバーです。テレビの出演は少なく、一般知名度は低いかもしれませんが、日向坂46のファンからは根強い人気があります。
小坂菜緒は日向坂46のデビューシングル「キュン」から4作連続でセンターを務めており、これまでにセンターを合計5回も経験しています。日向坂46には2回以上センターを務めたメンバーが小坂菜緒以外にはいませんから、これは日向坂46のメンバーダントツで多い回数です。このことからも小坂菜緒の人気が伺えます。
また、小坂菜緒の写真集は初週12.1万部を売り上げており、こちらも日向坂46のメンバーの中でダントツ1位の売り上げとなっています。小坂菜緒がいなければ、日向坂46がここまで人気となっていなかったかもしれません。
小坂菜緒はメンバー内では落ち着いたキャラで、あまりワイワイ盛り上がる方ではない印象です。バライティー番組が得意ではなく、ゆえに、テレビ出演も少なめとなっています。
小坂菜緒はオーディションの際の逸話が残っています。小坂菜緒の代のオーディションではライブ配信審査というものがありました。小坂菜緒がライブ配信していると、その配信に秋元康が訪れたそうで、秋元康のアカウントが視聴者として表示され、驚きの声が上がりました。秋元康が個々人のライブ配信を見に行くことはほとんどありませんので、オーディションの段階で秋元康にかなり注目されていたことが伺えます。

金村美玖

金村美玖プロフィール
愛称:おすし、おみく、みくちゃん、ミクティー、金ちゃん、かねむー
生年月日:2002年9月10日
期:2期生
出身地:埼玉県
血液型:O型
センター経験数:1回
レギュラー番組:余計なことまでやりましょう!(ラジオ)他
備考:「bis」専属モデル
インスタグラムアカウントはこちら

金村美玖(かねむら みく)は日向坂46で二番目に人気のあるメンバーです。前述の小坂菜緒と金村美玖のコンビ「なおみく」は非常に人気のあるコンビで、多くのファンから支持されています。
自身がセンターを務めた日向坂46の6枚目シングル「ってか」(楽曲)はファンからの人気が非常に高く、ファンからYouTubeで見たいパフォーマンスの楽曲投票では「ってか」が1位になるなど、自身の人気の追い風となったと思います。
金村美玖はお寿司が好物のため、キャッチコピーは「みなさん美玖を推すしかない」とお寿司と掛けたものとなっており、愛称も「おすし」です。金村美玖は日向坂46内随一の愛称を持つメンバーですが、「おすし」が一番浸透している愛称でしょう。
また、金村美玖はメンバー内で人一倍の努力家と表されており、また、自身についてはメンタルが弱いと語っています。そのような「人間らしさ」が人気につながっていると考えられます。

加藤史帆

加藤史帆プロフィール
愛称:かとし、としちゃん、天使
生年月日:1998年2月2日
期:1期生
出身地:東京都
血液型:A型
センター経験数:1回
備考:「CanCam」専属モデル
インスタグラムアカウントはこちら

加藤史帆(かとう しほ)は日向坂46の1期生内で最も人気のあるメンバーだと思います。日向坂46デビュー後、小坂菜緒に続いて表題曲センターをしたメンバーです。自身のセンター曲である5th「君しか勝たん」は日向坂46のシングルで広く知られており、2021年の紅白歌合戦でもこの曲が披露された。
加藤史帆はふだんの喋り方や仕草が「へにょへにょ」にしていると言われており、喋り方や仕草に特徴がある。また、日向坂46内ではバライティーが得意な方と評されており、バライティー番組の出演数も多く、一般的な知名度もそれなりに高いと思われる。特にセンターを務めた2021年は仕事が多く、非常に疲弊しきっており、その様子が日向坂46ドキュメンタリー映画「希望と絶望」にて放映され、物議を醸した。

正源司陽子

正源司陽子プロフィール
愛称:しょげこ、よーこ
生年月日:2007年2月14日
期:4期生
出身地:兵庫県
血液型:B型
センター経験数:0回
レギュラー番組:NHK高校講座 情報I他

正源司陽子(しょうげんじ ようこ)は日向坂46の4期生で最も人気あるメンバーです。正源司という名字が珍しく、初見だと読めないかもしれません。
お披露目当初から圧倒的な人気で、日向坂46の次期エースと言われています。まだ、表題曲センターを務めたことはありませんが、センターとなる日もそう遠くはないでしょう。
バレンタインが誕生日のことでチョコが好きであることや特技は空手であり、よく空手を披露しています。乃木坂46の五百城茉央とはいとこの関係です。

上村ひなの

上村ひなのプロフィール
愛称:なのちゃん、ひなのちゃん、ひなのなの
生年月日:2004年4月12日
期:3期生
出身地:東京都
血液型:AB型
センター経験数:1回

上村ひなの(かみむら ひなの)は3期生の中で最も人気あるメンバーです。同期の3期生が2020年2月に加入してくるまでは3期生のメンバーは上村ひなの1人でした。
2023年の日向坂46の10thシングル「Am I ready?」で初センターを務めました。
日向坂46の冠番組「日向坂で会いましょう」で行われる大喜利ではいつも独特のワードセンスで回答をするため、たびたび上村ひなのの大喜利力が話題となります。
グループ内では末っ子的な存在であり、多くの先輩メンバーから可愛がられがちです。

おわりに

今回は、日向坂46の人気メンバー・エースメンバーについて紹介しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました