STU48の瀧野由美子が日向坂46ファンから注目されている理由

ニュース

STU48の瀧野由美子さんが日向坂46のファンから注目を集めています。今回はその理由について解説していきたいと思います。

STU48の瀧野由美子さんが日向坂46のファンから注目されている理由

上村ひなののSHOWROOM配信

2022年4月14日、19:00から日向坂46の上村ひなのがSHOWROOM配信を行いました。SHOWROOMには配信が終了すると、自動的に他の配信へ遷移する仕様があり、上村ひなののSHOWROOM配信を見ていた多くの日向坂46のファンが配信終了後、その自動遷移機能によって、瀧野由美子さんのSHOWROOM配信へと飛ばされました。急な視聴者数の増加に驚いた瀧野由美子さんでしたが、事情を理解すると、河田陽菜と同じ山口県出身であることや坂道AKBで齊藤京子と共演したことなど日向坂46に関連するエピソードを話していき、その場にいた日向坂46のファンの心をグッと掴みました。

切り抜き動画も大きく影響

さらに、この数日後、このときの瀧野由美子さんのSHOWROOM配信が切り抜かれ、YouTubeに投稿されました。この動画は現在、73万回ほど再生されており、この切り抜き動画が与えた影響も計り知れません。

まとめると、次のようになります。

  • 上村ひなのSHOWROOM配信→瀧野さんのSHOWROOM配信へと自動遷移していき、日向坂46のファンから注目されるようになった
  • 切り抜き動画も大きく影響

なぜ瀧野由美子さんだけ注目されたのか?

SHOWROOMの自動遷移によって他の人の配信へと遷移されるということは、これまでにも数多くあったと思います。では、なぜ瀧野由美子さんだけがこれほどまでに注目されることになったのでしょう。

瀧野由美子さんの対応力の高さ

一番大きな理由は、瀧野由美子さんの対応力の高さにあるでしょう。日向坂46のファンが多く見にきていると分かると、日向坂46のエピソードについて話してくれたり、その場ですぐに河田陽菜の写真集が出てきたり1、とにかく日向坂46のファンとしては好印象だったのです。瀧野由美子さんが日向坂46に詳しかったことが、日向坂46のファンの心を大きく掴んだ一因となっていることは間違いありません。

特に、瀧野由美子さんの切り抜きをYouTubeで見ていたら、1万円くらいするDASADAのTシャツを着ている配信があって驚きました。

日向坂46のファンが与えた影響

さて、ここからは日向坂46のファンがSTU48、特に瀧野由美子さんに与えた影響をまとめていきたいと思います。

写真集完売

瀧野由美子さんがSHOWROOM配信で写真集を出していることを紹介すると、その刹那、写真集がAmazonで完売しました。

写真集重版→完売

6月24日、瀧野由美子さんの写真集の2度目の重版が決定しました。発売して半年以上経過している写真集が重版されるというのは異例で、ここでも日向坂46のファンをはじめとして、坂道のファンの人の影響が伺えます。講談社をも動かしてしまいました。

そして、その写真集もAmazonでは完売しています。

瀧野さんのTwitterのフォロワーが10万人突破

6月12日、瀧野由美子さんのツイッターのフォロワーが10万人を突破しました。これは、この短期間で約1.8万人のフォロワーを増やした計算になり、瀧野さんの所属するグループであるSTU48のフォロワーよりも多いフォロワーとなっています。

お話し会・サイン会の完売

SHOWROOMで瀧野さんがお話し会の宣伝をしたこともあり、瀧野さんのお話し会・サイン会が完売しました2

この他にもSTU48の他メンバーのSHOWROOM配信の増加やSTU48のMV再生回数の増加などがあり、かなり大きな影響を与えているようです。

瀧野由美子さんと日向坂46の関係

STU48と日向坂46の共通点

STU48と日向坂46の共通点は、総合プロデューサーが秋元康という点くらいしかありません。事務所もレーベルも違いますし、活動拠点も大きく異なります。STU48は瀬戸内なので、瀬戸内海地方を拠点に活動を行っていますが、日向坂46は東京を中心に活動しています3。強いて言うならば、グループカラーが似ているというくらいでしょうか。STU48のグループカラーは水色らしい4ので、日向坂46のグループカラーの空色と似ています。大きな共通点は見出すことができません。

また、STU48と日向坂46の共演経験もほとんどありません。坂道グループ同士ですら、主だった交流はなく、ましてや、48グループと坂道グループは目立った交流がありません。しかしながら、多少の交流はかつて存在していました。

坂道AKBにおける交流

かつて、48グループと坂道グループのメンバーから構成されたユニットである坂道AKBというものがありました。この企画の第三弾で、AKB48グループ5、乃木坂46、欅坂46、日向坂46からメンバーが選ばれ、ユニットが結成されました。特に、STU48からはセンターを務めていた瀧野由美子さんが選ばれ、日向坂46からは加藤史帆、小坂菜緒、齊藤京子、佐々木美玲、渡邉美穂が選ばれ、日向坂46とSTU48が共演する貴重な機会になりました。このときに、瀧野由美子さんのことを初めて知った日向坂46のファンも多いことだと思います。しかしながら、このときは、瀧野由美子さんにスポットライトがそれほど当たらず、それほど注目もされませんでした。

何より、坂道AKBの第3弾となった「初恋ドア」は選抜人数を増やしすぎたこともあり、やや失敗した感が否めませんでした。おそらく、瀧野由美子さんと日向坂46が共演した唯一の企画だったのではないでしょうか。またいつか何かしらのチャンスを見つけて日向坂46と瀧野さんが共演してほしいなあと個人的には思っています。

日向坂46のファン間でたびたび話題になるSTU48のメンバー

この瀧野由美子さんのSHOWROOM騒動よりも前に日向坂46のファンの間でたびたび話題になるSTU48のメンバーがいました。そのメンバーとはSTU48の岩田陽菜(いわたひな)さんです。日向坂46の河田陽菜(かわたひな)と一文字違いで、かつ出身地が同じ(同郷)なため、たびたび話題になっていました。実際、岩田陽菜と検索すると、サジェストで河田陽菜と出てくるほど、その関心度は高いです。

ラッコキーワードより

日向坂46のファンもSTU48のことはよく知らないけれど、岩田陽菜さんのことなら(名前くらいは)知っているという人も多いと思います。

STU48の楽曲

私はSTU48のことについてそれほど詳しいわけではありませんが、最後に私から見たSTU48の印象を語ってこの記事をしめようと思います。

STU48の楽曲についてです。STU48は楽曲としての完成度が高い楽曲が多く、個人的に好きな楽曲が多いです。デビューシングルの「暗闇」から最新シングルの「花は誰のもの?」まで基本的には良作続きで、楽曲をよく聞いています。

  • 花は誰のもの?ダンスリリックビデオ

最新シングルの「花は誰のもの?」は反戦歌で、被爆県の広島県を含めて活動拠点としているSTU48がこの楽曲を披露することによって、歌詞に説得力が生まれています。

反戦歌といえば、日向坂46にもNO WAR in the futureという楽曲があります。どちらの楽曲も反戦歌という点では共通していますが、楽曲ができた背景が全く異なっています。

「花は誰のもの?」は皆さんお気づきのように昨今のロシア・ウクライナ情勢を基にして歌詞が作成されたのだと思われます。実際に、6月17日のMUSIC BLOODではロシア・ウクライナ情勢を踏まえて楽曲が制作されたと放送されていました。

一方で、NO WAR in the futureは当時の日向坂46の1期生と2期生の関係性を踏まえて作詞されたと言われています。NO WAR in the futureは1期生と2期生の初となる合同楽曲です。けやき坂46の追加メンバーオーディション(2期生募集)が発表されると、そのことに対して1期生が反発を起こし、楽屋に立て篭もったという話はあまりにも有名です。そんな状況を見かねた秋元康が1期生と2期生がわだかまりなく仲良くしてほしいというメッセージで楽曲を書いたのではないかと言われています6

最後に

最後になりますが、ちょっとした注意喚起を行って終わろうと思います。

日向坂46ファンは節度ある行動を

今回の騒動後、日向坂46のファンがSTU48メンバーのSHOWROOM配信へと流れる現象が起こるようになりました。このことに対し、STU48メンバーやSTU48のファンの方々がどのように思われているかは分かりませんが、若干迷惑に思われている可能性も否めません。SHOWROOMにいる日向坂46のファンは大体しょうもないことしかコメントしないので、STU48のファンサイドに日向坂46のアンチを増やしかねません。そこだけ少し心配です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

追記:STU48が日向坂46の曲をカバーしてくださいました

2022年8月5日放送の日本テレビの音楽番組「MUSIC BLOOD」で、STU48が出演し、日向坂46の「キュン」をカバーしてくださいました。今後も両グループの動向に目が離せません。

  1. しかもSHOWROOM配信で買ったものらしい
  2. https://stu48.chara-ani.com/
  3. 日向坂46は活動拠点を明言していないが、冠番組の放送圏が関東地方のみであることなど、明らかに東京を中心に活動をしている
  4. 調べたのですが、よくわかりませんでした。
  5. 具体的にはAKB48、NMB48、STU48、HKT48
  6. 歌詞の解釈はあくまでも私個人の予想であり、実際に秋元康がどのような意味を込めて書いたのかは分かりません

コメント

タイトルとURLをコピーしました