【日向坂46】メンバー別のファン男女比を調査!最も女性率が高いメンバーとは?

日向坂46

日向坂46を応援していて、日向坂46における各メンバー男女比の割合について気になったことはありませんか?今回は、メンバー別日向坂46のファン男女比について調査しました。なお、調査方法はこの記事の一番最後に記載しました。

日向坂46の全体の男女比について

前回は、日向坂46全体のファンの男女比について調査しました。もしよければ、そちらも是非ご覧ください。

今回はメンバー別の男女比について述べていきます。

女性率の高いメンバー

まずは、女性率の高いメンバーについてです。ここで、注意したいのが、あくまでも女性”率”であり、女性ファンの絶対数が高いメンバーではないという点になります。

濱岸ひより

最も女性率が高かったのは、濱岸ひよりさんです。なんと驚くべきことにひよたんのファンの半数以上が女性でした。日向坂46のメンバーのファンで女性率が半数を超えているメンバーはひよたん以外にいませんので、日向坂46の中でも脅威の女性率といえます。マイペースでおっとりとした印象のひよたんですが、ファッション誌「with」で専属モデルを務めるなど、モデルとしても活躍しています。

ライブなどでひよたんのファンの人を見かけますが、確かに女性であることが多いような気がします。

佐々木久美

ひよたんに続いて次に女性率が高かったのが、佐々木久美さんでした。過半数とまではいかないものの、半数近くが女性でした。キャプテンはファッション誌「Ray」で専属モデルを務めるなど、モデルとしても活躍しています。ビジュアルもさることながらキャプテンがもつ「優しさ」や「人間性」が多くの人を魅了しているのでしょう。これまでの僕の経験上、女性がアイドルを推すとき、そこには男性ファン以上に「尊敬」というファクターが重要だと考えている人が多いように感じます。そういった意味でキャプテンは同性からの支持を得ているのだと考えられます。

富田鈴花

キャプテンに続いてファンの女性率が高かったのが富田鈴花さんです。昨年は、ラフ&ミュージックの「Butter」やCDTVの「踊」のダンス選抜に共に選ばれるなど、ダンス面において高く評価されていることがうかがえる活躍をされていました。また、歌方面においても、MTVで花ちゃんズの歌番組の放送があったり、ユニット祭りではソロ曲披露があったり、多方面で活躍されています。そして、特筆すべきはやはりバライティー面における活躍でしょう。日向坂46の冠番組「ひなあい」はもちろん、外仕事であるラヴィットのロケなどでも相当な活躍を見せています。そういった面などがファンから高い評価を受けているのだと考えられます。

雑感

ファンの女性率が高かったメンバーはここに挙げさせてもらったように濱岸ひより、佐々木久美、富田鈴花でした。また、ここにはあげませんでしたが、他に女性率の高かったメンバーとして、3人に続いて、他にも小坂菜緒、高本彩花、齊藤京子などが挙げられました。ここで名前が上がったメンバーは、富田鈴花を除いて全員ファッション雑誌の専属モデルメンバーです。雑誌の専属モデルを務めるメンバーはファンの女性率が高くなる傾向にあるのでしょうか。もしくは、逆にファンの女性率が高いから、雑誌の専属モデルを務めているのでしょうか。どちらにせよ、ファンの女性率と雑誌の専属モデルには何かしらの相関がありそうです。

男性率が高いメンバー

続いて、男性人気の高いメンバーを紹介していきたいと思います。こちらも、あくまでも男性”率”であり、男性ファンの絶対数が高いメンバーではないという点には注意が必要です。

河田陽菜

最もファンの男性率が高かったメンバーが河田陽菜さんです。およそ95%が男性でした。グループで4人目となるソロ写真集の発売などグループ内人気が非常に高い河田陽菜さんですが、おっとりとした性格とひたむきさが河田陽菜さんの性格の特徴だと思います。河田陽菜さんは濱岸ひよりさんとの親友であり、2人は性格や雰囲気が似ている点も多く存在するように感じますが、そのファンの男女比が全然違うのには驚きました。

宮田愛萌

河田陽菜さんに続いて男性率が高かったのが、宮田愛萌さんです。グループ内随一の文学少女と知られ、大学は文学部を卒業しています。また、アニメ好きとしても知られ、ブログには時折推しに対する愛を爆発させ、ラジオでは声優の石原夏織さんと共演も果たしています。そして、何より、宮田愛萌さんの代名詞といえば、「ぶりっ子」であり、かつて、グループでは柿崎芽実さんと双璧をなすメンバーでした。そういった面が男性に強く支持されている点なのかもしれません。

男女比はそれほど関係ない?

ここまでメンバーのファンの男女比について書き連ねてきましたが、結局、メンバーにおけるファンの男女比というのはあまり関係ないのかもしれません。

イメージの問題だけ?

男女比における問題はイメージ面だけなのではないでしょうか。なんとなく「女性率が高い=良い」というイメージがありますが、結局はそれだけのような気がします。ビジネス面やメンバーへの貢献度においては男性ファンの方が強い影響度を有していると考えることもできます。

例えば、松田好花はひなこい提供のラジオ番組をやっていますが、おそらく、ひなこい内の彼氏イベントで、松田好花推しが熱戦を繰り広げた(=多く課金した)ことが大きく貢献しているのだと考えられます。ゲームに大金を払えるユーザーというのは、比較的年齢層の高い男性ユーザーであることが考えられます。実際、今回の調査でも3〜5番目にファンの男性率は高かったです。一般にアイドルファンにとって年齢層の高い男性ユーザーというのは悪印象を与えかねませんが、そういったファンの頑張りもあって、松田好花が念願のラジオ番組を始めることができたのは事実でしょう。

まとめ

まとめると次のようになります。

女性率が高いメンバー

  • 濱岸ひより
  • 佐々木久美
  • 富田鈴花

男性率が高いメンバー

  • 河田陽菜
  • 宮田愛萌

しかし、一概に女性率が高い=良いとも言い切れませんので、参考程度に留めておくのが良いかと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました