河田陽菜1st写真集「思い出の順番」の初週売上が判明

ニュース

3月1日に発売された河田陽菜1st写真集「思い出の順番」の初週売上が判明しました。

河田陽菜1st写真集「思い出の順番」の初週売上が判明

河田陽菜1st写真集「思い出の順番」の初週売上は7.6万部でした。年内10万部は余裕そうです。下のブログでも述べたように、私の予想は8万部だったので、当たらずといえども遠からずといった感じでなんともコメントしずらい。まあ、予想したタイミングでは2度増刷が発表される前だったので、それを加味するといい線いけたんじゃないかなと思います。

初週売上が7.6万部ということですが、思っていたよりも若干少ないかなというのが正直な感想です。齊藤京子が8.4万部であり、これに肉薄するくらいの数字が出るかなとも思っていたので、そう思ってしまったのが、最初の印象でした。ただ、河田さんは齊藤さんと違って、C/W含めてもセンターを経験したことがないので、それを合わせて考えると、いいラインの数字なのかもしれません。

他の日向坂46メンバーとの比較

まずは、他の日向坂46メンバーの初週売上の比較をしてみましょう。

名前
小坂菜緒121,827
齊藤京子84,230
河田陽菜76,000
渡邉美穂17,236

日向坂46内では3番目の売上になりました。日向坂46の改名後に写真集を発売した3人の中では最も少ない数字になってしまいましたが、写真集売上のアベレージから考えれば、よく売れた方だと思います。

年間何位になるか

注目ポイントは、写真集の売上が年間何位になるかです。昨年は、小坂菜緒の写真集が1位、日向坂46の写真集が2位、齊藤京子の写真集が3位にランクインしましたが、今年はどうなるのでしょうか。他の写真集情勢を傍観している限り、1位は無理そうではあるものの、なるべく上位にランクインしてほしいと願うばかりです。

日向坂46は写真集をもっと出すべき?

先程のランキング比較表を見てもらえれば分かると思うのですが、グループ写真集を除いて、日向坂46のメンバー個人としての写真集は4つしか出版していません。乃木坂46の写真集出版スピードを考えると、遅れを取っているように感じてしまいます。乃木坂46と日向坂46の人数比などからしょうがないことなのでしょうか。

他坂道との比較

初週売上7.6万部という数字は、グループ写真集を除いて、3坂道の写真集の初週売上では11番目の数字になります。ただ、先ほども述べたように、センター経験がないことを考えると健闘した数字かもしれません。

日向坂46から初週10万部を売り上げるエースは誕生するか?

乃木坂46と日向坂46の写真集売上で決定的に違うことがあります。それは、初週10万部を売り上げるエース級のメンバーが複数人いるかどうかです。乃木坂46には、初週10万部を売り上げるエース級のメンバーが何人か在籍しています(もしくは在籍していた)。日向坂46においては、初週10万部を売り上げたのは小坂菜緒ただ1人です。日向坂46がさらに飛躍していくためには、乃木坂46のように初週10万部を売り上げるエース級のメンバーが複数人いることが必要条件になってきそうです。表題曲センターを経験したことのある加藤史帆や金村美玖が写真集を出したら、どれくらいの売上を記録するのだろうか。楽しみです。

終わりに

河田陽菜1st写真集の初週売上は7.6万部でした。河田陽菜さんのこれからがますます楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました